Enterを押す

コナジーとは

当社は、太陽光発電業界で20年にわたる豊富な実績を積んで参りました。ドイツ国内では、モジュール、設置構造物、インバーターなど、主要な太陽光発電コンポーネントを製造しております。太陽光発電分野におけるリーディングカンパニーとして、商用および産業用、発電所向けプロジェクトにおける開発、融資、エンジニアリング、設計、建設、運用を中心に、高性能な太陽光発電システムを提供して参りました。

2018 年 8月にグリーンインベストメントグループ(太陽光開発ポートフォリオとコナジーアジアの資産の獲得で完成したマッコーリーキャピタルのグローバルグリーン投資プラットフォーム)はGIGのグローバルチームで300名を超え、GIG とマッコーリーグローバルソーラー環境の優秀の中心としてアジアを補強。



社長メッセージ

 

PACINI_Hideyuki Otaka.jpg

 

コナジージャパン (株) のホームページにアクセスいただきありがとうございます。
 

「国際エネルギー展望International Energy Outlook 2017」は世界のエネルギー消費量は 2017 年から 2040 年の間に 30% 成長すると予測し、世界経済の中でもエネルギー分野は最も活気のある業界の一つと言えるでしょう。また、2017年国連報告書によると、現在の世界人口74 億から今後 12 年間で10 億人増加し、2050 年までに 96 億人に到達すると予測されています。

 

これらに備えて、信頼性が高く、コスト効率も良く、しかも環境的に持続可能な方法で発電するにはどうすればよいのでしょうか。この問いに答えることが、私達の時代では重要な課題となっています。太陽光発電のパイオニアとして、コナジーは設立当初から太陽光に着目してきました。太陽光は、私達が使用可能な量よりも多くのエネルギーをもたらしており、このエネルギーはクリーンで安易に手に入れることができます。そして太陽光は今後数億年にわたり私達にエネルギーをもたらし続けてくれます。原子力と化石燃料エネルギーから脱却して将来を見据えたソリューションを目指すという、私達の理念と一致する新たな目標が世界中で受け入れつつあることを喜ばしく思っています。

 

コナジーはグローバルブランドとして海外での実績はもちろんのこと、日本国内でも私達の目標である「世界はエネルギーに満ちている」を叶えるため、経験豊富なスタッフがお客様のニーズにお応えできるように邁進する所存でございます。そしてお客様にご満足頂き、信頼される会社を目指してまいります。


取締役社長

大高 秀幸

出資者

グリーン・インベストメント・グループとマッコーリー・グループについて 

 

グリーン・インベストメント・グループ(GIG)はグリーンインフラへの自己勘定投資、プロジェクト提供、資産管理、および関連サービスの提供を専門とする事業体であり、専門性、実績、および実力に裏打ちされた、グリーン経済の発展に貢献する、グリーン投資の世界的なリーダーです。

 

GIGは2012年に英国政府により、このような事業を専門とする事業体としては世界で初めて設立されました。2017年にマッコーリー・グループに買収され、欧州で最大のグリーンインフラ投資チームを誇り、現在はグリーン・インベストメント・グループの名で事業を展開しています。

 

マッコーリーグループは銀行業務、アドバイザリー業務、投資、および資産運用業務をグローバルに提供しています。1969年に設立され、全世界25ヵ国以上にわたり、14,400人以上の職員が在籍しています。2018年3月31日時点の運用資産は4,967億オーストラリアドルです。

 

詳しくは、www.greeninvestmentgroup.com 、www.macquarie.com. をご覧ください。

 

企業のパンフレット