Enterを押す

830 KWp :

北海道(日本)

2014年4月

Conergyは日本の成長市場への参入により、アジアでのその足跡をさらに揺るぎないものにしています。その一例が、北海道新ひだか町で現地の投資会社、株式会社フジコム向けに現在進められている総発電量830キロワットの太陽光発電所プロジェクトです。Conergyはゼネコンとしてこの発電所の設計とエンジニアリングを担当しているだけでなく、コンポーネントの供給も担当しています。18,000平方メートル規模の陸上型設置では、不動産管理センターが現地提携パートナーの役割を果たしています。

2014年4月に完成した暁には、Conergy SolarLinea架台システム上に配置された3,300枚のConergy「Pシリーズ」太陽電池モジュールが、年間900メガワットアワーを超えるクリーンなエネルギーを生産すると同時に、440トンの二酸化炭素排出を削減することになります。2011年春に起きた福島の原発事故を境に、日本国内では二酸化炭素排出量が40%近く増加しています。この太陽光発電所は、その削減に貢献するはずです。

2012年に日本に設置されていた全太陽光システムの発電量は2ギガワットでしたが、2013年にはそれが約7ギガワットにまで急増しています。この数値は、日本が長期にわたってクリーンなエネルギーへの転換に真摯に取り組んでいくことを実証しています。太陽光発電が国内のエネルギーの大部分を占めるようになれば、日本の二酸化炭素排出量が削減されるだけでなく、将来的には原子力にも化石燃料にも過剰に頼る必要がなくなります。見通しは明るく、専門家たちは、新しい発電能力によって2014年には年間発電量が7ギガワットから8ギガワットに増加すると予測しています。

「日本は、体系的かつ迅速な転換の手本となります」。このように述べているのは、Conergyのアジアおよび中東地域担当社長のAlexander Lenzです。「2012年に日本で設置されていた太陽光発電システムは110億USドル相当でした。それが、2013年には82%増加して、200億USドル相当近くに増える見込みです。会社として、私たちは太陽光発電システムに対するこの急速な需要増加から利益を得ることを目標としています。この一年間、私たちは日本での事業展開を精力的に進めてきましたが、現在、その取り組みが期待できる形となって現れてきています」。この太陽光発電事業の成長の可能性から利益を得るために、Conergyの代表である大高秀幸が日本市場での事業を展開することになっています。「Conergyは、世界各国で積み重ねてきた経験と信頼を武器に、日本市場での事業を展開していくつもりです」。

北海道(日本)
ハイライト

Conergy

プロジェクトの概要

  • プロジェクトの種類

    ソーラーパーク

  • 所在地

    北海道新ひだか町

  • プロジェクトの完成

    2014年4月

  • 設置容量

    830 KWp

  • 年間発電量

    年間905 MWh

  • PVモジュール

    Conergy PH 結晶モジュール( 3,300枚)

  • パワーコンディショナー

    セントラルインバーター( 22基)

  • 架台システム

    Conergy Solar Linea I

  • プラント面積

    17,945 平方メートル

  • 二酸化炭素削減量

    年間440トン

  • プロジェクトの地域

    日本